性病・感染症で女性の感染が多くみられるクラミジア

クラミジアは性病・感染症の中でももっとも多く感染者がいるとされる性感染症です。最近では特に若い女性の感染例が多くなってきています。クラミジアはクラミジアトラコマティスと言う病原体によって感染する性病・感染症で基本的には性交渉によって感染します。オーラスセックスで精液や膣分泌液を介して咽頭にも感染することがあり、それによって更に人に移してしまう可能性もあります。クラミジアの菌は直腸や尿にも出るので、アナルセックスによって肛門に感染してしまうこともあります。感染する場所としては、膣や尿道、咽頭、直腸などがあげられます。感染しても自覚症状がほとんどと言っていいほどないので、自分では気がつかないうちに性病・感染症に感染している可能性もあります。また女性の場合妊娠中に感染してしまうと、母子感染を起こしてしまう可能性もあります。クラミジアの症状としては男性では排尿時の痛みや尿道部分に痒みが起こることがあります。女性の場合には下腹部の痛みやおりものの増加などが挙げられますが、咽頭や直腸に感染している場合には症状はほとんど現れません。女性の場合には子宮頸管に感染して、子宮頸管炎を起こしますが症状はほとんどなくおりものが少し増えたり、軽い生理痛のような痛みが出ます。また不正出血や下腹部の痛みが起こってもあまり気にされることがなく、そのまま放置されることも多いです。感染したまま放置してしまうと、卵管炎を起こしてしまうことがあり子宮外妊娠や不妊症につながってしまうこともあります。クラミジアの治療には抗生物質が有効です。しかしクラミジアは一度治っても何度でも感染してしまう性病・感染症であるので予防のためにはコンドームをはじめから最後まで使用するようにすることが大切です。