クラミジアやhiv等の性病に感染しないための対策

現代人は性に関して一昔前までの人と比べて非常にオープンである為、簡単に性病になってしまうことが多くなりました。性病といっても色々な種類があり、クラミジアのような比較的すぐに完治させることが出来てしまうようなものから、hivのように命に関わってきてしまうような重いものまで、実に様々です。しかしどのような種類の病気であれ、なるべく性病にはかかりたくないものです。それではクラミジアからhivに至るまでの性病を予防するには一体どのようなことに気を付けて生活をすれば良いのでしょうか。 まずクラミジアやhiv等はそのほとんどが性交渉によって感染するものです。つまりセックスをしたことがない人というのは、まずこれらの病気になることはありません。もちろん稀にオーラルセックスだけでも感染してしまうこともありますが、その可能性は低く限りなくゼロに近いと言えるでしょう。なので大切なのはセックスをする際にしっかりと感染防止の為の手段をとることなのです。 つまりどのような相手とセックスをする際にも必ずコンドームをつけることが大切なのです。コンドームを避妊の為としてしか使ったことのない若者が沢山います。なのでそれらの若者がちょっと相手と結婚をしても良いかなと意識し出した途端、コンドームを使わずにセックスをしてしまうことがあります。コンドームには性病予防効果もあることを知らないからです。しかしコンドームは避妊する必要がない時でも、基本的には性病防止の為につけるべきなのです。hivになってしまったら、その後の生活はかなり不便なことになります。一時の快楽の為に、一生を棒に振ってはいけないのです。面倒でも必ず毎回コンドームをつけてセックスをしましょう。